株式会社リベラルエンジニアズ

NEWS

開発経験が積みたくても積めないことがあるよなという話

こんにちは。リベラルエンジニアズ広報担当の祐希代です。
 
関東にも大雪が降りましたね!ここのところスノーボードも行っていないので、雪を久しぶりに見た気が・・・。
 
さて今回は、思い出話をしつつ問題提起?的なおはなし。
 
駆け出しエンジニアに、届けこの想い。
 
 

◆まともに開発経験を積めずに過ごした約2年間。
 

 
開発スキルに伸び悩む1〜3年目くらいのエンジニアさんって多いんじゃないかな?と思っています。私が、そうだったから!
 
私は独立系の中小SIerでプログラマーをやっていたことがあったんですね。新卒で入った会社です。
 
ちなみにプログラミングは未経験で入ったので、知識&経験ともにゼロからのスタートでした。
 
研修が終わると現場に配属してもらって、実業務を行うことになるのですが、やはり最初は開発じゃない仕事が多かったですね。
 
テスターとか、調査とか。何台もあるサーバーのパスワードを黙々と変えたりとか(笑)
 
どれも大事な仕事ではあるし、経験値が少ないから、最初から任せてもらえないのは当然なんですけど、1〜3年目とか伸びしろありまくる時期じゃないですか。
 
そういう時に開発経験を積めないのは、すごく勿体ないなと思ったんです。
 
開発経験が積めるかどうかっていうのも、担当する現場(案件)次第なんですよね。配属現場ガチャだ。
 
他の現場に配属された同期は、がっつり設計も開発もやらせてもらえる現場で、メキメキ成長してる感がありました。
 
そんな同期を見ていて、羨ましさと、焦りの感情が満載だったことは今でも覚えています。
 
数ヵ月ならいいですけど、状況によっては1〜2年まともに開発できずに月日が過ぎていくこともあるんですよね。
 
私は入社してから1.5年くらいそんな状況でしたし、そういう後輩も何人か見てきました。
 
 

◆そんな装備(経験)で大丈夫か?とならないために
 

 
今回こんな自分語りを始めたのは、そういうスタートを切ったエンジニアのキャリアステップが心配に思った次第です。
 
案件のアサインにしても、転職するにしても、『どんな経験』があるのかは必ず見られます。
 
能力やスキルがない未経験でもOKな「ポテンシャル採用」期間が終わる前に、自身を持って言える経験を身に着けてほしい!と思いました。
 
独学で学ぶ方法もあるけれど、やっぱりちゃんと身になるのは実務経験だし。(持論)
 
「でも今の現場の状況じゃ無理…」「うちの会社の体制じゃ無理…」ってことはあると思います。
 
なら・・・・・・自分で取りに行け!笑
 
急に根性論かよ!って感じですけど、「もっと年収を上げたい」とか「この環境抜け出したい」って思った時に絶対に必要になるんだ!!
 

ちなみに、クラウドソーシングでも、開発の仕事はたくさん転がってますよ。
 
割に合うかどうかは見極める必要がありますが…経験を積むという意味でも、副業入門編という意味でも覗いて見るのは結構面白いと思います。
 

それからもし、何かやりたいことがあるなら…ってこれは宣伝になっちゃいますけど笑、
 
弊社のLIBEROにアイディアを持っていって、プロジェクトを立ち上げちゃう方法もあり。
 
ゼロからイチを作る経験は、なかなか得られる経験じゃないですしね。普段の業務よりも頭の使う部分が変わるんじゃないかなと思います。
 
弊社はベテランエンジニア層の受け入れ先なイメージがありますが、これから伸び盛りの若手さんにも興味を持ってもらえたら嬉しいですね♪
 
また勝手なことを言って、社員の方々に怒られないかビクビクしながら終わります。笑
 
それではまた次回に〜!